ヤマザクラ山桜
ヤマザクラ  Yamazakura
 バラ科 Prunus sargentii Rehd.subsp.jamasakura Ohwi





名称
 ヤマザクラ【山桜】ホンザクラ【本桜】 Plum, Cherry


分布
 日本特産。本州(関東以西)・四国・九州に自生。蓄積量は少ない。


木材
 色、光沢が典雅。心材は赤褐色、辺材は淡黄褐色、心辺材の区別は明らか。しばしば不明瞭な緑色の線が見えることがある。肌目は緻密。良材が少なく不足している。
 耐朽・保存性は高い。切削・加工の難易中程度、割裂し難く、乾燥は困難、表面仕上は良好。
 気乾比重0.60


用途
 広範。材は家具、工芸品、彫刻、建築材、器具材、楽器、船舶等。
 樹皮は工芸品に用いられ、樺細工(かばざいく)と呼ばれる。


備考
 木質の似ているミズメやカバは「サクラ材」と呼ばれて市場に流通している。それらと区別するためヤマザクラのことを「ホンザクラ」とも呼ぶ。
 なお、ソメイヨシノやヤエザクラなどは観賞用につくられた園芸品種。成長が早く花も鮮やかだが、材としては適さない。 エドヒガンやオオシマザクラなどが自然種のヤマザクラである。