栃トチtochi
トチ  Tochi
 トチノキ科 Aesculus turbinata Blume.




名称
 トチ、トチノキ【栃・橡】  Japanese horsechestnut


分布
 日本特産。北海道・本州・四国・九州に自生。
 特に東北・北海道南部に多い。


木材
 有用材。心辺材は区別不明瞭でともに帯紅黄白色〜淡黄褐色。
 肌目は緻密、木理はときに不規則。さまざまな杢があらわれる。木質は軽軟。
 耐朽・保存性は小。切削・加工は容易、乾燥も容易であるが狂いが出やすい。表面仕上は良好。
 気乾比重0.52


用途
 材は洋家具、建築材(内部造作全般)、工芸品、器具材(箱・茶道具・細工物・碁盤・漆器木地・火鉢・臼・杓子・木魚・額縁など)、彫刻、楽器(ヴァイオリンの裏板など)、車両、船舶、土木、合板などに賞用。


備考
 波状杢・縮杢・虎斑杢・リップルマーク(漣紋)など多様な杢があらわれる。また、材面には絹糸光沢があり非常に美しい。赤みの心材よりも、白みの辺材部分のほうが使用価値が高い。栃木県の県樹であるマロニエはトチノキの一種である。
トチ 縮杢 縮杢