鉄刀木タガヤサンtagayasan
タガヤサン  Tagayasan
 マメ科 Cassia siamea Lam.



名称
 タガヤサン【鉄刀木】  Bombay blackwood

分布
 インド・タイ・ミャンマー・セイロン・フィリピン。

木材
 唐木の貴重材。
 心材は暗褐〜黒色で黄褐色の条斑があり、特有の紋様をあらわす。辺材はほぼ白色で、大気にあたると黄変する。心辺材の区別は明瞭。
 木理は緻密であるが肌目は粗い。光沢ある材面は美しい。強靭堅硬だが辺材は柔らかい。
 耐朽・保存性は心材においては高いが、辺材は低い。切削・加工は困難。割裂も困難、乾燥も容易ではないが、表面仕上げは良好で磨くと光沢を放つ。
 気乾比重0.80


用途
 心材は家具、工芸品、仏壇、建築材、器具(ステッキ・象嵌)、船舶など高級・装飾的用途に用いられる。辺材は燃料以外ほとんど役に立たない。

備考
 その堅さ重さから“鉄の刀のようだ”として、鉄刀木と名付けられたといわれている。
 加工中にでる暗粉状物質が眼の炎症を引き起こすことがあるので、加工時は注意する必要がある(加工中以外は問題ない)。