紫檀シタンshitan
シタン Shitan
 マメ科 Dalbergia latifolia Roxb.






名称
 シタン【紫檀】 ローズウッド  Indian rosewood


分布
 インド・東南アジア・中南米など熱帯〜亜熱帯に分布。


木材
 唐木の貴重材。
 心部は淡紫褐〜濃紫褐〜濃紫色で深紫〜黒色の条斑がある。辺部は淡白色。両部の区別は明瞭。木理はかなり交錯しており、木質は緻密で肌目は粗いが光沢がある。強靭堅硬。
 耐朽・保存性は高い。切削・加工はやや困難。割裂し難いが表面仕上げは良好。乾燥は容易ではない。磨くと美しい光沢を放つ。
 気乾比重0.93


用途
 材は家具(美術工芸的)、工芸品、彫刻、建築材(内部装飾・床框)、器具(キャビネット・木象嵌など)、車両、船舶など高級装飾的な用途に使われる。


備考
 新鮮な木材からはバラに似た香りがすることがあるので、ローズウッドともよばれる。
 コクタンと同様、シタン類には多くの樹種があり、細かく分類していくことができる。