キハダKihada
キハダ Kihada
 ミカン科 Phellodendron amurense Rupr..





名称
 キハダ【黄蘗黄肌】  Amur cork tree


分布
 北海道・本州・四国・九州・朝鮮・中国に自生。


木材
 有用材。心材は黄褐色、辺材は黄白色。両材の区別は明瞭。
 肌目は粗い。やや軽軟。木目は美しく、光沢がある。
 気乾比重0.48


用途
 材は家具、建築材、工芸品、器具材、土木、旋作、燃料など。


備考
 着色され、クワの模擬材となることがある。その場合、女桑・雌桑(メグワ)とよばれ本桑と区別される。
 市販されるキハダ材にはこの他にヒロハノキハダ、オオバノキハダ、ミヤマキハダなどが含まれている。いずれもキハダの変種。