楓カエデ
カエデ Kaede
 カエデ科 Acer mono Maxim.



名称 イタヤカエデ【板屋楓】トキワカエデなど Painted maple


分布
 樺太・北海道・本州・四国・九州・朝鮮・中国に自生。
 国産のカエデ類の材中では北海道産が多い。

木材
 有用材。カエデ材の代表。心辺材の区別は不明瞭、ともに紅白〜淡紅褐色。
 木理・肌目は緻密。美しい杢があらわれることが多い。
 耐朽・保存性は中程度。切削・加工はやや困難。曲木には好適、割裂し易い。乾燥は困難。表面仕上げは良好。やや強靭で堅硬な材といえる。
 気乾比重0.65

用途
 材は家具(とくに洋家具)、建築材(床柱・床框など)、工芸品、器具材、彫刻、運道具、楽器、土木、船舶、車両、合板、旋作、薪炭など広範囲。


備考
 縮れ杢・波状杢・鳥眼杢のほか、ピスフレックと呼ばれる小さな斑点もよくあらわれる。杢とともに絹糸光沢が美しいので非常に喜ばれる。