わかりにくい和家具の各部名称を紹介します。
和家具の名称

箱物家具 たんす

桐ダンスや茶箪笥など、戸がついた箱状の和家具。2段から3段のものが多いです。
実用的なつくりが喜ばれ、おばあちゃんの世代では一家に一棹の花嫁道具です。


(※解説上、たんす各種を組み合わせています)

建物や蔵の奥にひっそり置かれているのが一般的でしたが、戦後の欧米人らによってその魅力を見直され、民芸色のある室内装飾としても注目されるようになりました。
民芸和家具としては帳場箪笥や船箪笥、仙台箪笥などが有名。木目や金具、仕上げなどで年代や製造場所がわかります。