わかりにくい和家具の各部名称を紹介します。
家具の名称

脚物家具 文机・文台

イスが必要な洋式デスクと異なり、文机は座敷にすわって使う日本文化に根づいたものです。
古くは奈良時代にはじまり、平安貴族の華美装飾から鎌倉僧坊の地味堅実を経て、江戸寺子屋で普及し大衆家具となりました。今日では趣味性が強いものの、書斎の主役にはかかせません。

文机の各部名称
(※解説上、右と左で脚の形をかえてあります)

多足もありますが四本脚が一般的。畳摺のある角脚や、鷺足といった曲線脚があります。螺鈿や蒔絵をほどこした装飾的なものから、拭漆のみで木目を見せるもの、引出しがついて実用的で大柄なものなど多種多様です。低めで小柄なものは文台といい、詩歌や床飾りに用いられます。