パブリックコレクションと中田英寿さんによる紹介について

パブリックコレクション収蔵

 このたび、鈴木光爾の作品3点が美術館に収蔵され、パブリックコレクションとなりました。

  1、チーク八角喰籠(東京国立近代美術館)
  2、欅拭漆切子面箱「天星朧朧」(東京国立近代美術館)
  3、黒柿切子面箱「澪」(栃木県立美術館)

3は現在、栃木県立美術館にてご覧頂けます。(コレクション展〜2012年6月24日まで開催)


中田英寿さんによる紹介

 「ヒデ」の愛称で親しまれた元日本代表サッカー選手・中田英寿さんが工房見学に訪れました。
 日本の伝統文化の一つとして、私の仕事ぶりがホームページにわかりやすく紹介されています。
 どうぞご覧ください。


『ReVALUE NIPPON』——木材で作られるダイヤモンド「指物師 鈴木光爾」

http://nakata.net/rnp (中田英寿 公式サイト nakata.netより)
※nakata.netサイトから「栃木県」を選択してください。


 長年ものづくりに携わってきた、一つの節目となったように感じております。
 これからも世界に誇れる日本文化の担い手として、興趣ある作品を創って参ります。
 ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。